ライブレポを書いてます
by arukara
2018.4.15 岡山 CRAZY KINGDOM[ THE BACK HORN 20th anniversary「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜]
情景泥棒ってワードってなんかいいなー
いろんな想像が出来てワクワクします
running awayめっちゃ好きです

自分も非常に楽しみにしてた1日
前回北海道でのKYO-MEI対バンツアーに
お呼ばれした時に
凄い良い出会いになり
良い夜を過ごしました
もちろん THE BACK HORNは昔から
知ってて好きだったけど
もっと好きになった日でした

この日のライブも
アルカラらしくてなんと言っても
お客さんみんながこの2バンドの共演を
待ちわびてたぞー!って空気が
アーティストにも伝わったステージでした
c0222904_02243815.jpg

ライブ前はこんな雰囲気で
リラックスしてるぞーってのをお届けします
c0222904_02242625.jpg
疋田さんがギターを!!!
全然弾けまへん。笑
c0222904_02245265.jpg
下上さんゆうや氏疋田さん
photo by 俺 なんやけど自画自賛のショット!

THE BACK HORNのライブを楽しんで
ハートを鷲掴みにされた
「君の歌で現在地点(いま)を描き出そう」
↑ここ好きです。

打ち上げをハシゴしての2件目は
ダーツバーにたどり着く
c0222904_02243377.jpg
(許可もらってます)
稲村さん山田さんゆうや氏ゆうじの4人で。
ダーツ対決になり
未経験が稲村さんとゆうや氏
経験者が山田さんと俺
でも山田さんはうますぎてダーツが
中心にまとまりすぎて低得点
ゆうやが完全にビギナーズラック
c0222904_02303684.jpg
稲村さん投げ方完全女子
ダーツ投げる瞬間自分もピョンと飛ぶねん笑

そして3件目までハシゴして
岡山を満喫しました
次の日みんな筋肉痛でした

ゆうじ

# by arukara | 2018-04-27 07:00
2018.4.12 下北沢SHELTER[MOROHA『怒濤』第十五回]
MOROHAの5ヶ月連続イベント『怒涛』
第十五回にお招き頂きました!
下北沢SHELTARは1年半ぶり
このライブハウスは昔自分の大好きな
バンドが何度も出演して
まさに憧れの場所なんです

本番前に下北沢の街をブラついたけど
自分にはキャラ違いで恥ずかしくなり
早々に退散しましたね。笑

本番はアルカラから
この日のSSGHはビート竹内氏(タケ君)
タケ君はアルカラのテック(楽器さん)で
テックがギター弾くってなんか
海外のパンクバンドみたいじゃない?!
個人的見解です。笑

アルカラがピンチだった時
アフロ君から
「俺も頑張ります」の一言メールくれた事が
嬉しかったと稲村さん
MOROHAも「お前たちには出来ない」
って言葉が自分の燃料になるって言ってて
いろんな想いが掛け算になった夜でした
MOROHAからネコフェスのオファーが
まだ無いぞ!とステージで言われ
ネコフェスへの出演がこの日決まりました。
いやぁそういうの嬉しいだろうな
俺も嬉しい!
c0222904_20455241.jpg
この日のセットリストは
1.アブノーマルが足りない
2.チクショー
3.3017
4.さ・あ・な
5.サースティサースティサースティガール
6.水曜日のマネキンは笑う
7.デカダントタウン
8.銀河と斜塔
9.やるかやるかやるかだ
10.ウツリギ
11.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
12.さすらい

相思相愛で切磋琢磨できる仲間を
作ってきてこんな日を迎えれるなんて
バンドマン冥利に尽きるだろうなぁ
って思いました。

ライブハウスの方々ありがとうございました
ゆうじ


# by arukara | 2018-04-26 21:00
2018.4.3 F.A.D YOKOHAMA[ライブハウス主催]
dustboxと2マンなんてまさに
夢の続きですわー
ありがとう、メンバーさん
自分ドンピャ世代でして!

F.A.Dは個人的にも
お久しぶりでした

まさかのアルカラが後攻って言うね笑
dustboxは1曲目からクソ上がる名曲
半端ねぇ
ハイトーンボイスが気持ちいいー
ヤキソバ、チャーハン、カレーって言う
横浜にお似合いな今日だけの?!
ステージネーム。
笑いと泣きメロのオンパレードでした
ダイバーを受けるセキュリティの人
大変そうでした

そしてアルカラのライブも
楽しみにしてた気持ちが爆発したような
エモーショナルなステージでした
『はじまりのうた』はじまり。
初めましてだからかな。
水曜日のマネキンや嘘つきライアーや
シェイクスパイにやいやいゆいな
あたりは微妙にアレンジが
変わったりして本人らが一番楽しんでた笑
c0222904_01585085.jpg
アンコールは女装では無く
横浜ベイスターズのユニフォーム姿でした
c0222904_01585274.jpg
そして、アルdustboxカラとして
ジョージ(ヤキソバ)さんと
アルカラでまた逢う日までを披露
c0222904_01584799.jpg
お客さんもみんな手を振ってくれて
歌謡ショーみたいやったね

この日のセットリストは
1.はじまりのうた
2.3017
3.サイケデリンジャー2
4.サースティサースティサースティガール
5.水曜日のマネキンは笑う
6.嘘つきライアー
7.シェイクスパイ
8.振り返れば奴が蹴り上げる
9.メランコリア
10.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
11.やいやいゆいな
12.さすらい

ここ数年でグッフォーやホスコや
テンフィやラスベガスや
他ジャンルのバンドさんとも
絡みが濃いアルカラさん
今度はMONOEYESが待ってますよ

F.A.Dのスタッフの方々
ありがとうございましたー

ゆうじ

# by arukara | 2018-04-25 05:00
2018.4.1 群馬音楽センター[I ROCKS 2018]
関東と信越つなぐ高崎市!
知ってるのはこれだけ。笑
上毛かるたに習って
神戸かるたなんてのも作れそう。

エイプリルフールにビックリ情報が出て
エイプリルフールな事忘れてた僕は2秒程
固まった。まさにカモです。

I ROCKSはLACCO TOWERの
愛で溢れた家族をテーマにした
暖かいイベントです
群馬音楽センターも
オーケストラの演奏を聴くような
広いホールになってて
どこからも観やすくていいのだ

本番前にラッコの
啓示さんと真一ジェットさんと
稲村さんでラジオの公開収録をしました
天気も良くてたくさんの人が
来てくれたんですが
稲村さんの暴走により
DJの方もラッコのお二方も
生放送じゃなくて良かったというオチでした
たくさんの笑いをかっさらった
稲村さんはニンマリ

ライブではステージが広くて
下上さんもSSGHゆうやも
端から端まで行くわ行くわの雨あられ
シールド絡まる絡まる
ほそくんTAKE君お疲れ様。笑
c0222904_01421669.jpg
この日のセットリストは
1.アブノーマルなが足りない
2.半径30cmの中を知らない
3.サースティサースティサースティガール
4.ダカラドオシタ
5.やるかやるかやるかだ
6ミ・ラ・イ・ノ・ト

I ROCKS 初の3日間開催
ご苦労様でしたー!

ゆうじ

# by arukara | 2018-04-25 02:00
2018.3.18 川崎 CLUB CITTA'[わくわくバンド主催]
熊本からの帰りも15時間ほどかけて熊本から
川崎へ移動してきました
なんと、稲村さんが兵庫県辺りから静岡県まで
運転してくれました
思わね伏兵の登場で助かったスタッフ陣

この日は初めましての箱
CLUB CITTA'
メタルの聖地CLUB CITTA'と連呼してたけど
果たして本当なのか

この日のイベントは
ユーチューバーの大人気ゲーム実況者さんが
わくわくバンド(わくバン)
と言うバンドを組んでて
魔法少女になり隊(ましょ隊)とアルカラを
迎えてゲーム実況対決したりライブしたりと
盛りだくさんな日。
チケットはソールドアウト!

トップのましょ隊から
会場は熱気が凄かったんですが
いつもとは違う光景が!
お客さんの9割がサイリウムを振って
マジパーティ感。メタルの聖地が‥笑
これ、アルカラの時どーなんねやろと
思ってたら
ライブが始まるとみんな気を利かして?
サイリウム0。気を使ってくれたのに
MCで稲村さんが
『なんや俺らの時無いんか?サイリウム』
と言うとあちこちで明かりがつく
会場『何色ぉ〜???!』
稲村さん『ナナ色に決まってるやん』
会場が一気にパーティー感。
色気出るように照明作ったけど
マジ全部良い意味で台無し。笑
アルカラのライブとしては
凄くレアな光景になりました
c0222904_01592374.jpg
スーパーマリオのゲーム音楽を
生演奏して『さーだーまーさーし』が
ウケてました。
なんの事かわからん人は
アルカラ稲村大佑と高木誠司の
「バンドマンゲーム実況」その7を
見るべし。
この記事の一番下に動画貼りました。
8分20秒くらいから見るとわかる

お客さんもみんなノリが良くて
若くて女性が多くて黄色い歓声が
飛びまくったメタルの聖地でした。笑

この日のセットリスト
1.アブノーマルが足りない
2.半径30cmの中を知らない
3.水曜日のマネキンは笑う
4.サースティサースティサースティガール
5.癇癪玉のお宮ちゃん
6.さすらい
7.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト

ライブ後にわくバンメンバーと
ゲーム対決しました
同じゲーム実況者としての血が騒ぎまくってた
稲村さんがガチで勝とうと意気込んで
おりました。結果は五分五分!
凄いぞバンマス!

わくバンのライブもがっつり
くまモンスタイルで楽しんでおられました。

この二日間ずーっと稲モンでした。

ゆうじ


# by arukara | 2018-04-15 12:00
2018.3.17 熊本B.9 V1[HAPPY JACK2018]
毎年お世話になってる
HAPPY JACKの季節が来ました
今回の工程は東京to熊本
15時間くらいかかりました
次の日は神奈川県川崎での
ライブも決まってたので
30分のステージの為に往復30時間かけるの
みたところHAPPY JACKへの想いがわかります

到着してから移動しんどかったのに
火の国ビールを飲みに行きました。
ほどほどにするつもりが
まあまあ濃い時間になっちゃった
お酒って怖い!

本番日
トップバッターのアルカラさんは
前説で、いきなりステーキ!前菜挟まず!
みたいなバンドですと紹介されたんですが
すかさず『いきなり素敵なバンドです』と
返すあたり稲村さんのギャグセンス高いなと
久しぶりに思った。笑

そして前回の熊本のライブでとある少年から
炒飯MUSIC聴きたかったと言われてたらしく
テレビサイズで練習してきたアルカラさん
ステージから『その少年居る〜?』と聞くと
会場から『バスケの試合に行きました!』と。
その少年の母らしき人からでした
会場は大爆笑
そして今の気持ちを歌にしましたー
チクショーチクショー♩
みたいな流れが出来あがりました。
オチまでしっかりあるあたり素敵ですね
c0222904_01320130.jpg
いつもだったら始まりから終わりまで
イベントを楽しむけど
今回ばかりはライブ終了後にすぐトンボ帰り

この日のセットリスト
1.アブノーマルが足りない
2.サイケデリンジャー2
3.サースティサースティサースティガール
4.チクショー
5.やるかやるかやるかだ
6.さすらい
7,ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト

ちなみに前日の移動時の稲モンお届けします
c0222904_01301613.jpg
集合場所にて100%でおはよう!
c0222904_01313230.jpg
コンビニでも
c0222904_01362886.jpg
サービスエリアでも。

ライブハウスの方々
イベント運営の方々
ありがとうございました

ゆうじ

# by arukara | 2018-04-15 09:00
2018.3.11仙台 CLUB JUNK BOX[MASTER PEACE'18]
MASTAR PEACE
このイベントは3.11を
少しでも笑顔があふれる日にしようと
仙台のライブハウスの方達が
発起したイベントです。
そんなイベントに毎年出演
させてもらってるアルカラ

サーキットイベントは
ライブハウスだけじゃなく
街並みも楽しめたりするし
カメラで写真を撮るのが好きな人は
一石二鳥ですね
にしても迷子なる人多すぎな。笑
パスを首から下げて歩いてると
ライブハウスの場所を聞かれたりしますが
関西特有の説明の仕方で
次の信号を下って〜とか上がって〜とか
つい出ちゃって、???な顔されます。
察してくれ、現地人ちゃいまんねん。笑

アルカラの前に出てた
G-FREAK FACTORYがカッコ良すぎて
酔いしれてました
凄いバトンがまわってきましたが
アルカラもいつにも増して
オーラ漂う格好良さがありました
それでいてちょっと笑えたりするとこ
あざといなー
c0222904_00542687.jpg
この日のセットリスト
1.はじまりのうた
2.夢見る少女でいたい
3.LET ・IT ・DIE
4.サースティサースティサースティガール
5.さすらい
6.ミライノオト
en.交差点

打ち上げはかなり長かったです
いろんな人がいろんな想いを語らった
そんな打ち上げだったのでしょう
ライブハウスの方々お疲れ様でした

ゆうじ

# by arukara | 2018-04-15 02:00
2018.3.10 渋谷O-WEST[A.V.E.S.T主催]
渋谷の道玄坂でサーキットフェス!

A.V.E.S.T 初登場のアルカラさん
会場は渋谷O-WESTだったんですが
何度もライブして来た場所ですが
やっぱりイベントが変わると
空気感もだいぶ変わるんやなと
改めて思った
同会場でノーザン、グッフォと
一緒やったから心強かった
客層も普段見られないような人に
たくさん見てもらえたんじゃないかと
思います。

ライブが始まれば
アルカラワールド満載で
いつも通り、その日その時にしか
出来ないライブをかましてくれました
MCでダンスを始めたり
最近、ダカラドオシタを
良くやるんですが2番のAメロは
ちゃんと歌った試しがありません。と
だけ伝えておきます。笑
なんやろディナーショーみたいな感じ
c0222904_18133019.jpg
道玄坂って怖いイメージやけど
しっかり最後までサーキットして
周りました!
普段見れないアーティストを見れる
たくさんのチャンスが転がってますねー


ゆうじ

# by arukara | 2018-04-08 19:00
2018.2.25 Zeep Osaka Bayside[Fear, and Loathing in Las Vegas ツアー]
ラスベガスのツアーにお招きしてもらい
今年2回目のZepp osaka bayside

実は両バンドかなり相思相愛な仲なのです
前回対バンした熊谷では打ち上げで
全員がフィーバーするほどでした
この日も楽屋では今日の打ち上げ
どうするー?みたいな話ばかり。

ラスベガスファンで埋まった会場ですが
堂々としたアルカラのライブで
お客さんもかなり暖かく迎え入れてくれました
激レアなダカラドオシタを披露
間奏で一人一人にピンスポットを
ドラム→ギター→ベース→ボーカルと
当てたんですがやっぱり稲村さんは
センターには居ませんでした。笑
c0222904_20163189.jpg
ラスベガスのライブも熱気が凄くて
気付いたら見入ってた
同じ神戸で昔からずっと知ってたから
友人目線とアーティスト目線入り混じって
脳内忙しかったです
MCで言ってたように
2012 2016 2018と対バンの周期が短く
なってるぞ!と。
また楽しみが増えたー
c0222904_20163639.jpg
打ち上げもメンバー対メンバーのみの参加
そこにお邪魔させてもらったけど
20歳くらいのお酒の飲み方してたみんな笑
楽しい時間はあっという間でした
ラスベガスありがとうー!

ゆうじ

# by arukara | 2018-03-23 21:00
2018.2.22 神戸ART HOUSE[KAGEKIチュアー裏ファイナル]
我らがART HOUSEやってきました。
稲村さんのゲーム実況で
ART HUOSE←アートフオセ
なってたけど。笑

ネコフェスも開催が発表されましたー
HPも一新されたねー
裏ファイナルの日に一区切りやけど
またその先の未来の発表を用意しててくれて
良い意味で気が休まないバンドやね笑
c0222904_15454739.jpg
ライブはSEが箱からの
幕開けそのまま箱を演奏する
急にブチ上がる
ブチ上げられる
やつ。

前半はダダーっとたたみかけ
その最後が銀河と斜塔。
アコギで締めるという
このKAGEKIツアー鉄板流れですが
コレあざといなと思ってました。笑

MCは何を思ったのか
弾き語りMCという新境地でした
もちろん即興
たまにグッとくる瞬間があったりして
あざといなと思った。

裏ファイナルにもコンピューターおじさん
現れました
c0222904_15471187.jpg
そして犬も。このツアー
カキツバタ832が良く演奏されたけど
今回は名探偵ミスタ相棒はジョニー
ビーグル犬です
そしてシェイクスパイでは
前回ライブの高崎で編み出した、
音楽でエイリアス現象をしてみせる
奇行師っぷり
このツアーでKAGEKIから演奏されなかった
ピーターパンと夢の中を
ここで初披露
やっぱあざといな。

後半はやいやいゆいな
デカダントタウン
半径30cmの中を知らないと
ボルテージが上がったと思うと
+.-に屋上ゲリラとさらに
たたみかけ、ダメ押しに
やるかやるかやるかだ。
ライブ中はアツくなってるし
タイトルコールする時は
やるかやるかやるかやー
ちゃんと関西弁になります。
そして、さすらいを。

アンコールでは
RADIOから聴こえるJ-POP
ここアートハウスで1番やる意味があるというか
グッとくるナンバー
c0222904_15475281.jpg
客席に出て担がれながら
PAブースに居る店長しょーぴーのとこへ
向かう姿がホンマに無邪気な子供に見えた
c0222904_15483945.jpg
END SEが流れDJのアテ振りしながら
そこに本家DJゆめさんに無茶振りして
担がれながらはけていきました。やれやれ。
全プログラムは終了!
で!ダブルアンコールの拍手がなりやまない
我々も忘れかけてたあの流れをきっと
誰かが思いついた。
物販席に居たマネージャー細井が
裏に行くのを見てPAブース内でも何事か察知。
細井による3017で大爆笑のウチに幕締め。
なんか知らんけどむっちゃ盛り上がる笑

凱旋アートハウスのライブでは
いつも何が起こるかわからないし
他では見れないアルカラや
他では話さないトークや
過去現在未来全部詰まったアルカラが
見れます
初めてアートハウス来た人ー?って聞くと
たーくさんの人が手を挙げて
稲村さんも嬉しいなって言うてた
これをきっかけにまたライブや
アートハウスに足を運ぶ人が増えたら
いいなぁって。
コレは本人しかわからないけど
たくさんの人がまたアートハウスに来る事が
生まれ育った場所への恩返しと思ってるのかも。
もちろん恩返しの仕方はいろんな方法が
あるからその中のひとつに過ぎないと思うけど。
自分もアートハウスで育ったのでなんとなく
それが嬉しいのがわかります。
どこかで話した事あるんですが
自分とアルカラとの出会いをこの節目に

ライブハウスで働きたかった17歳の僕は
タウンページを見てライブハウス業の欄を
上から順番に電話しようと思いア行の
アートハウスからかけるとまさかの
1発目で面接をゲット
面接へ向かう時にパイ山でストリートライブを
してたバンドが居て
こんなバンド嫌い、むしろボーカルの人
好きくないと思いながら面接へ向かいました。
何故、苦手やなと思ったのかはハッキリ覚えてないけど、アルカラの前身バンドでベースは
下上さんで当時の彼はピンボーカルで
間奏やギターソロ中自分が暇なのか
通行人をいじってたりとか自由過ぎて
免疫がない少年の僕にはおもしろ過ぎて
ライバル心からきてる嫌やなってやつやと思う。見事バイト出来るようになり
バイト初日にスタッフの人と会うでしょ?!
じゃあそこにパイ山でこの人嫌やなーって
思ってたボーカルの人が働いてたの
最悪や!ってなった
その人が稲村さん23歳でした。
その上司がしょーぴー26歳でした。
アルカラのスタッフするようになり
約5年くらいなりますが
これからもライブのたびに更新しますので
よろしくです。
まっだまだ面白い話たくさん持ってるから
また思い出した時に。

アートスタッフもありがとう
打ち上げでは皆来てくれて昔話になり
しょーぴーが稲村さんに
トイレは閉めへん、貸したボールペンは
どっか置いてくるなど当時の光景を
再現してるかのような爆笑説教もあり
時代は受け継がれてるんだと思いました笑

ゆうじ


# by arukara | 2018-02-24 21:00