ライブレポを書いてます
by arukara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アルカラ15周年!稲村さんのなんか色々する挑戦シリーズ まとめ(稲村太佑)
おっす。

今日は稲村さんだぞ。

本日7月26日、東京キネマ倶楽部にて
「密会」が開催されます。

・参加者、全員「変装」
・アルカラは2002〜2006年の初期の曲のみで演奏

さらに15周年の15の挑戦たちのご報告会も兼ねており
それぞれの挑戦たちのご報告を
当日ではフォローし切れないので
先もってこのブログにて
発表させていただいている所存でございます。

「稲村さんなんか色々する」

の挑戦自体
さてさて一体何すんねんってことで
各方面から質問をたくさんいただきましたが(たくさん???)

下手に枠を決めてやりたくなったのと
ありがたいことにいろんなお話をいただけたので
ここで改めてご報告会をしていきたいと思います。

稲村さんのおもな挑戦 その1
----------------------------------------------------------------
稲村太佑「秘密の小屋のディナーショウ HIMITSU」
c0222904_20571609.jpg

場所などバラします!!!
▪︎日 2017年8月12日(日)
▪︎場所 東京都 渋谷区 渋谷 2-8-4 東和青山ビル 202
▪︎時間 OPEN 18:30 START 19:00
▪︎電話番号 03-6427-4796

▪︎ホームページ 
Wine & Grill TACT. | ワインアンドグリルタクト
http://vinotact.com

会費:¥10000(税込)
服装は普段着

セットリスト(ちょっとうる覚えだ)
1.小さな音楽会
2.おしゃれ強盗
3.グリルタクトの歌(この日のために作った)
4.関白宣言(カバー)
5.ひそひそ話
6.銀河と斜塔
7.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
8.キューリープレイス
9.また逢う日まで(カバー)

----------------------------------------------------------------
ここの店主の「中西」という男は
(今は別のお店「Pizzeria & Osteria Agrume アグルメ」をやってます)

もともと神戸ART HOUSEで共に対バンしたり
(INZIEというバンドだったり、下上とカバーバンドやったり)
さらに一緒にART HOUSEで働いたりしてきた
まさに20代を共に過ごした同志
稲村さんの3つ下の世代

そんな神戸時代。2008年ごろ。
彼がBARをやっていた時に
稲村さんがよく飲みに行ってて

語り合った挙句に
どっちが先に東京で一旗あげれるか勝負しようぜ
みたいな青い感じのこと言ってた

そんな中に2010年稲村さん上京

そしたら2011年に彼も上京してきた

それからの彼は、いろんなお店で修行し
時には経営陣とぶつかって辞めたり
調子が良くなったり悪くなったり
同僚に包丁を捨てられたり(バンドマンで言ったら楽屋においてたギターを他のバンドマンに捨てられたみたいな感じだろう)
何度も稲村の家に精神パンク状態で現れることが多々

数々の苦難に耐えながらも

一度目の結婚をしたり、子供を育てたり
大手フランチャイズ飲食企業の幹部になって
日本各地を飛び回ったりで大活躍しはじめたと思ったら
またそこでまた経営陣とうまくいかず辞めたり

でまた色々あって
2度目の結婚をしたり...

ここまで書くと相当プライベートなのでそろそろ控えるけれど

そんな彼がついにお店を持った

だから

そのお店で

「じゃあディナーショウやろうや」

で決まった。

稲村さんとしても「ディナーショウ」っていうカテゴライズは
芸能人や大御所歌手の方のミラクルな何かってイメージだったので
どうやっておもてなししたらいいのかわからなかったけれど
幸い、お店のシェフが元有名ホテルの料理長やってた方だったりして

すべてのピースが揃っていた。

見事303人の応募の中から選ばれた14名
入り口で稲村さんとくだけねこでお出迎え

たった14席のテーブル
少し贅沢なお料理とお酒
歌いあげる稲村さん

最後は謎に中西も歌わされる羽目に
さすが元バンドマン
あれこいつ歌、うまいやんって
一瞬でみんながなったのグッときた。

ショウが終わった後
選ばれし14名
大満足だったのだろう。
そのまま、新たなグルーブができてて、もう一軒飲みに行こう!!
みたいになっているのを俺は見逃さなかったぞ。

選ばれなかった方にも
ようやくこうしてご報告できることになりました。

おかげで稲村さんも弾き語りをやるようになり
何度も告知しておりますが
弾き語りツアー東名阪も開催されます。

#稲村太佑 弾き語り 2マンTOUR TOUR TOUR
「タンバりゃんせ東名阪ツアー2018」
10月21日(日) 原宿ストロボカフェ(昼、夜あります)
10月25日(木) 名古屋BL cafe(夜のみ)
10月25日(金) 大阪バナナホール(夜のみ)
対バンあります。バンドじゃないから対マンか。喧嘩みたいになった。

e+プレオーダー開催ちゅう

稲村さんのおもな挑戦 その2
----------------------------------------------------------------
稲村さんの挑戦シリーズとして
バンドマンでありつつも「作家」としてデビュー!!
c0222904_19230850.jpeg
写真はAMEZARI –RED STARS– とMV撮影した時の一枚
真ん中奥で10代(中学生を含む)に紛れて
30代後半(40手前)が決めポーズしている
こうやって紛れてしまえば
馴染んでしまうのが
我ながら稲村さんの恐ろしさ

スターダストさま。ダンス今から練習するので
30代後半で歌えて曲が作れて楽器が弾けて
いつか踊れるはずの男性アイドル枠ありましたらー。

で、7/11の稲村さん投稿で
相川七瀬さんの楽曲提供の話は
だいぶしちゃったので
(興味あればブログ遡ってください)

今回は稲村さんが初めて作家としてデビューしたきっかけをくれた
このAMEZARI –RED STARS– とのおはなし。

もともと彼らは

ネコフェスが誇る
くだけねこレコーズが誇る
大阪福建省からやってきた
あの「シェンフーシュバイツ」がプロデュースしてて
今までにもすでにアルバムも発売されている

関西を中心に活動してて
シェンフーとの繋がりもあって
AMEZARIのメンバーがアルカラに興味を持ってくれて

そしたらシェンフーのやさかさんが
去年のネコフェスの時に

「こんな子たちがおるけれど、たいすけ、どう??」

って事になった。

今年の2月の大阪でのライブにも
AMEAZARIメンバーみんなで顔出してくれて

その日のアルカラのライブの感想や
提供させていただいた「ZARIGANI DANCE」の曲への思いだったり
その曲を自分達が歌う意気込みだったりを
一人一人伝えてくれて
なんか熱い気持ちになった

AMEZARI –RED STARS– のサイトは

そんな彼らのMVにも登場の稲村さん
YOUTUBEでどうぞ


稲村さんのおもな挑戦 その3
----------------------------------------------------------------
稲村さんの挑戦シリーズとして
バンドマンでありつつも「ユーチューバー(ゲーム実況者)」としてデビュー!!

我らがネコフェスが誇る

「髙木誠司」と

稲村さんでゲーム実況を初めてみた

もともとゲームが好きだったり得意だったりしたわけじゃないけれど
移動中などでYOUTUBEでゲーム実況を見るのがとても好きで
小学生や中学生の時にやっててクリアできずに諦めたゲームの
クリア動画だったりを見て

ああああ
そういう仕組みになってたんだとか
感動したりしてるうちに

当時の限られたデータ数や技術の中
製作者の込められた思いとか
ギミックとか
3和音ほどで構成されてきたゲーム音楽が
改めてすごいなって思い始めた。

アルカラの「むにむにの樹」というアルバムの
ボーナストラック「今日からあなたは市長さん」でも表現したので
かなりの方が気づいてもらえてると思ってるけれど

この曲は「シムシティー」をやってた時(中学生)の事を
思い出して書いた曲である。

その「シムシティー」のゲーム音楽が

なんせ凄すぎる。

改めて音楽を携わる仕事をさせてもらってからちゃんと気づいたけれど
コードとかメロディーの展開が凄すぎる
しかもそれを3和音で表現するって凄い。

で、そのままをバンドアレンジして、その凄さをみんなに伝えたい
ってことで許可を取りにその製作者まで話に行くことに
(野上さんが代表で行ってくれました)

製作者さまもそれはそれでとても光栄です
ってことになってくださいましたが
さすがに権利関係のお話になってしまうのでってことで

原曲をリスペクトする形で諸々少し変化させてアレンジさせてもらってカバーし
結果まさかの「ラララー」でシンガロングする形式になりました。笑

そんな中で機材車でゲラゲラ笑いながら見てたゲーム実況があるので
みんなにご紹介。

影龍さんという方の実況です。


そしてこれが記念すべき
初めての稲村さんと誠司のゲーム実況


今見直すと、編集もいろいろ雑だったなぁと思うけれど
思い切って動画編集ソフト買って、あれこれ弄ってみるきっかけになったのだ
なんでも「はじまり」は「恥(はじ)」を「周り(まわり)」にかくところから
ビビってても仕方ない。

稲村さんの挑戦は15年周年とかで終わらない。
これからも続いていくものばかり
執念でやり続けよう。
ビビってても仕方ない。

稲村太佑

by arukara | 2018-07-26 12:00
<< 2018.7.18 shibu... アルカラ15周年のしもがみ自転... >>