ライブレポを書いてます
by arukara
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018.6.25 ネコフェス2018 後夜祭 神戸 ART HOUSE[-KUDAKENEKO ROCK FESTIVAL-]
後夜祭までやってきたー!
この日はね
最大の身内ノリと言われてます。笑
アルカラが好きでルーツが知りたい!
って方がたくさんいらっしゃいまして
おかげさまでソールドアウト
余談ですが
後夜祭を始めた初年度は6割ぐらいしか来ず
本祭売りきってるのになんで後夜祭
来ぇへんのやー!って嘆いてました。笑

稲村大祐 高木誠司 大石昌良
この3人が前座漫談?!
初っ端から台本無しで喋り倒します
困ったら稲村さんは誠司さんをイジります。笑
そこに乗っかり的確に笑いを取る大石さん
それを受け止め特大ブーメラン返す誠司さん
あーついにトークのレポまでしてしまってる。笑

トップバッターは大石昌良
説明不要 ART HOUSE の出世頭
Sound Schedule の ボーカリスト
そして今や日本のアニソン界でも
知らない人は居ない程のスターです
僕はまーくんに産まれ変わりたいです。笑
1組にこんなにスペース使うと文字数超えるので
(文字数制限などない。)
見たらわかる!セクシーで歌声に
とろけるから!とろけちまえ!
ソロデビュー10周年記念日をルーツの場所で、
切磋琢磨した仲間の前でやる事を
選んでくれました。かっけー!

お次は大阪府福建省からシェンフーシュバイツ
このネコフェスのジングルを毎年
作ってくれています。
ジングルって?!って人はググってね。
まじセンスの塊過ぎてビビる。
センスってワードは利便過ぎて
この言葉で片付けるのは申し訳ないんですが
使いたくなるくらいって理解して下さい。笑
四つ打ちでオーディエンスを音で圧で
煽りまくる!気持ち良いグルーヴを
届けてくれました!

…ヤバい、今回超大作なりそー。
一旦閉じてもらって寝る前に
見てもらっていいっすか?!笑

はい、おかえり

続いては→school←の登場
ルーツは ART HOUSE では無いけど
アルカラから絶大な推しにより後夜祭皆勤賞
矢野さんの人柄はPOPで服装もカラフルで
やかましい感じですが→school←の楽曲は
どこかちょっと哀愁漂う
ハッピーになれるけどグッと来る
見てくれっ!
毎年毎年本祭の締めは矢野さんによる
ありがたい一言で締めます。なんでー?!笑
一度ノリでやったらウケたから。
ただそれだけ。笑

そしてそして日本のロックバンド folca
この3日間素敵なパフォーマンスを
してくれました!
説明は難しいけど folca が居てくれるから
アルカラは突っ走ってられるような気がします
裕也にSSGHとして助けてもらってる事
だけじゃなく、面白い発見や気付きを
与えてくれてるんです。
それはきっと folca も然り。
あれはカッコイイ、アレはダサい。などなど
面白い(笑いだけじゃなく)事を
たくさん共有して互いに刺激的な関係!
(ライブレポじゃなくなってる)
見てくれっ!さっきから言うてるやろ
耳で聞くな!魂で聞け!を
受け継いでるカッコいいバンド!
自分自分じゃなくてイベントに関わってる
みんなもお客さんも救うような
包み込むような、でもって鋭い。
かゆいとこに手が届くバンド!
説明下手。見てくれ!
今回後夜祭のみアルカラ疋田氏がドラムを
担当しました。本人はかなり緊張したらしいけど
むっちゃ良かったよ。

トリ前は 伸 高木誠司
しんたかぎせいじ。
毎年毎年(しん)の漢字が付け加えられてる。
この発端は何年前でしょうか
入場規制がかかった事を喜びつつ
ネコフェスでの誠司さんは卒業!となり
それから 新 高木誠司となりこのシリーズが
始まりだして皆勤賞です
稲村さんの遊び心ですね完全に。笑
誠司さんはメンタルが強過ぎというか
ツッコミの返しの引き出しを持ち過ぎてます
アコースティックなのにモッシュダイブが
発生した年もあります。笑
でも、ブレずに自分のライブをやり続けるとこが
誠司さんらしくて良き。
今年も野次やら愛あるイジりを交わし
笑いに変え自分を貫いてましたー!

トリのアルカラさん
稲村さんはさっきまでゲラゲラ笑いながら
小学生みたいに楽しんでましたが
楽屋で衣装を着てメンバーでセットリストの
確認をしだす頃にはもう目がギラついてた
ART HOUSE のステージに立つアルカラは
懐かしいようで、でも確実にあの頃と
違って見える気がするんです僕は。
ネコフェスみたいな一大イベントの主催者
背負って立つステージにライブレポ書くのも
恥ずかしいなと思うくらい。
言葉いらんやろー!で終わっちゃそれも違う。
あの頃と何が変わったかなーって思いながら
ライブを見てました。(謎の上から目線ごめん)わからなかった
あらゆる筋を通しがむしゃらにやってきたら
抜群の説得力と魅力がまとわりついた感じ。
時より懐かしくなるのもグッとくる
c0222904_04213810.jpg
あースタッフ補正入ってる?!笑
しゃーないやろ、あんなモンスターバンドの
側に居るねんから。許してにゃん。???
このブログメンバーさんきっと見てると
思うけど、何も言ってこないから
好き放題書いてます。笑
でも今回のはちょっと恥ずかしいなぁ。
あくまで俺目線なので←ここ重要。
テスト出るよー。(寒いボケ)
メンバーさん達はもっと違う目線で
いろんな想いがあってやってるかもかも。
c0222904_04213439.jpg
いちスタッフとして
ライブ見てくれた人達と想いは一緒
カッコイイしワクワクさせられるし
そうきたかと思わされるし聡明で
すんごい変化球たまに投げるし
この先の未来も一緒に見てたいとうなづく。
来年もネコフェス開催されますようにと。
ほら、想いは一緒でしょーが。

イベンターを始めたくさんのスポンサーの
方たちとお客さんの協力があってからこその
ネコフェス。
ライブハウスの方々来年もよろしくお願いします
来年のネコフェス開催される頃には
自分はどうなっているかな
アルカラはどんな作品を出して
どんな活動をしてどんな人達を笑顔にするかな
おらワクワクすっぞ!

ゆうじ

by arukara | 2018-07-07 12:00
<< 2018.6.30 DEAD ... 2018.6.24 ネコフェス... >>