ライブレポを書いてます
by arukara
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
辻と実家の近く山登り
c0222904_20222897.jpg
12月10日

神戸でのライブ前、シネマ辻と実家近くで山登りした時の写真
途中の自販機で懐かしの「チェリオ」があって
謎の「ジャングルマン」という飲料を買って二人で飲んだのだ
辻は「懐かしい味」と言っておりましたよ

A.S.O.B.I TOUR
一旦のところ有難う御座いました。
代替公演にも関わらず神戸岐阜ともにかなりの方に
お越しいただけたこと感謝いたします。
振替公演日程がわかり次第アナウンスさせていただきますので
チケットは大切にお持ちいただければと思います。

たくさんの贈り物もありがとうございます。
メッセージ添えていただき、勇気になりました。

急に寒くなって参りました
風邪などひかぬようご自愛くださいませ。

稲村太佑

# by arukara | 2018-12-14 20:33
稲村さん涙が止まらなかった。
c0222904_01530157.jpeg

フォーラム
ASKAさん
行ってきた
もはや尊いが過ぎる
よし歌を歌おう

稲村太佑

# by arukara | 2018-12-04 01:57
2018.9.26 鹿児島SR HALL [cinema staff x アルカラ A.S.O.B.i Tour]
もう、稲村さんの
タンバりゃんせ東名阪ツアー2018も
始まって終わりーの
下上さんが取り憑かれた
キツネツキこんこん古今東西ツアーも
始まって終わりーの
疋田氏もドコドコどこどこ
やってたと思うくらい
更新遅くなりましてすみませーん
映像見ながら思い出す範囲で書くぞゆえ
記憶混同等ありましても穏便によろしく下さい。

A.S.O.B.i tour 北海道終わったら次は
九州シリーズの開幕!まずは鹿児島ー!

このツアーで唯一ゲストバンドを迎え
ZOKUDAMSさんがトップバッターを
飾ってくれました

それからアルカラさんはみんなでステージで
グータッチしてライブスタート!
お久しぶりAカップ巨乳からでした
自分も、久々過ぎてテンション上がりました
さすらいが前半に来るこのツアーでは
新しいスタイルな攻め方をみせてくれました
そして九州と言えば歴史の話がてんこもりで
稲村さんの目が輝いてたのは覚えています
c0222904_01424864.jpg
が、ここで映像がMC前で切れてしまって
全然思い出せなくて…
ま、これが更新遅くなった理由です。
素直に言うスタイルで。笑


アンコールの映像は残ってます奇跡的に!
このツアー今までポコポコの久野ちゃん
(ボンゴ担当)がドコドコの久野ちゃんに。
疋田氏が前に!ボンゴを!
c0222904_01440154.jpg
中々レアな1枚ですね
しっかりコーラスも。
で、全然ちゃんとポコポコしない疋田さん。笑
ラストみんなでラララ〜♩の箇所で急に
長渕歌い出す三島氏、投げっ放し。笑
ジャーンでみんなでジャンプ(2回やり直して)
辻の乾杯音頭を食い気味に遮って終了。

唯一雨が降りまして桜島見えなかったけど
三島のおかげでなるほどな!となりまして
終わらなそうな打ち上げを
逃げるように帰った思い出の鹿児島でした。笑

ゆうじ



# by arukara | 2018-11-02 12:00
Andare『鏡に映る花のように』リリースに向けて
Andare改名後初のアルバム『鏡に映る花のように』ついに発売されました〜

今年入ってからAndareのお二人が少しずつ進めていたこの作品。
ついにリリースされました。

はっきり言って、2016年にライブするだけでも感激しっぱなしだったわたくし(ブログ参照)からすると、ほんと奇跡のような出来事です。
しかも今回、配信は稲村氏主催レーベル”くだけねこレコーズ”からのリリース。
そしてCDはベルウッドレコーズから発売します。
本当に色んな人の話し合いと協力と、果てしない努力の上に成り立っている作品です!!

是非聞いて欲しいです。
緊張しまくりながら、精一杯頑張りました!

10曲中7曲も弾かせてもらいました〜。

楽曲についての想いや出来事などは、おそらくライブやSNSなどで、国吉さんと西川さんの言葉やメッセージとして語られる事があると思ったので、サポートで弾かせてもらった目線で書いてみようと思います。

というかベーシストとしてのレビューと、いちファン目線みたいなものだと思うので、失礼や的外れなこと言ってたらごめんなさい145.png

こちらで試聴できます→(こちら

1.アーティスト

本当に名曲134.png
この曲のエネルギーは、"セレモニー"とか"THE FREEZE BY PHRASE"とか今ライブでガシガシやっている曲たちと同じようにパワフルで一発で引き込まれる曲だと思います。
ラスサビの”意味は知らなくていいよ”という言葉に、ライブ中もいつもドキッとしちゃいます。
ラスサビの2回し目の和音がとてもセクシーで、さらにその後のサビのメロディーっぽいフレーズがとても美しくて好きです。


2.トリックとりっくら  (MVはこちら

トリッキーでとても面白くて、今までのお二人にはなかなか無さそうな曲だなと思ったのが第一印象。
トリッキーさの中にあるポップさが痛快な曲だと思う。
Bメロの歌とベースの掛け合いっぽいところが楽しい。(弾くのは難しかったけど)

3.サムタイム・サムデイ

”今こそ走らずに、いつ走るんだ”
って言葉にまずやられますよね134.png
ラストに向かってゆくベースの動いてゆく感じが、とても素敵な曲のストーリーが進行する一端になれたような気がします。

4.NUMBER

こんな軽快な感じの曲を弾くのは多分初めて。
わたくしは、ほっておくとリズムが重くなっちゃうので気をつけて弾きました112.png
楽しくて思わず外に出て散歩出かけたくなる素敵な曲。

5.立春

”ひとりじゃ生きてゆけないと、教えてくれたのはきみ”
シンバルが入ってくる所が、度肝を抜かれたなぁ。裏から入るなんて。
自分だと絶対思いつかないなぁ。
西川さんのドラムは、本当不思議だ。
ラストの変拍子が、とても心地よい。
弾いてる立場と、聞く立場はこんなにも違うものなのである。
疾走感に注意して、頑張って弾きました102.png

6.鯨波の声(ときのこえ)

猫背でネガティブなわたくしは基本うつむき加減なので、あんまり赤いクジラを見ていなかったなぁ。
なので発見した時はびっくりしたのを覚えている。
神戸出身の下上少年は”これが都会か”と驚いていたなぁ。いつの頃だろうか。。。
この曲の歌謡曲感がとても好きです。
サビの歌い回しでそう思うのかなぁ。
ベースレスの曲。

7.my name is

痛快なリズム遊びのとてもポップな曲
2Aの二回めのベースがとても楽しげ。同じメロディーでもオケでこんなに変わるのだ。
おもしろい111.png
ラストの終わり方がまた最高ですね。

国吉さんは、何気ない事や本当は誰もが知っているはずの事を気づかせてくれる。
みんな大人になるにつれて忘れてゆくことを、一つ一つ大事にして、国吉さん本人もたまに忘れて。
それを思い出した時に、大事に歌に詰め込んでいる。
そんな気がする。

8.ノンフィクション

この曲はベースレスです。
ベースがないことが、こんなに素敵だなんて。
ドラムと鍵盤によってのみ出せる不思議な空間の音楽。
ラスサビの無限に広がる曲の世界観が楽器を限定したからこそ出ているような気がします。
紛れもなく名曲。
”当たり前のことが、今は難しい”
”でもそれしかできない”
人生のアンセムのようだ。

9.KIBOU NO UTA - instrumental -

この曲は10曲目の希望のうたのインストなんだけど。
この曲だけで泣けてくる。
こんな素敵なインストは聞いたことがない。
希望のうた聴いた後に聞くとまた格別。

10.希望のうた

”僕が弱いことをあなたは知っているのでしょう”
から始まるとても壮大な名曲。
本当にこの曲は、そしてこの曲たちは、そっと僕たちの人生に手を添えてくれるはずです。

ラストのラストにベースが入ってきます。
最後には本当に教会にいるような神聖な気持ちになります。
もう神々しい曲ですね。




こんな感じの下上レビューでした。

ベースラインを自分で考えた風に書いてますが、大部分はAndareのデモに合わせたり、お二人にアドバイスを頂戴して作り上げたものです。
こんなに曲に対して音を埋めずに曲を弾いたのは生まれて初めて。

自分の頭の中にないものをたくさん引き出してもらいました。

まあ書いてるうちに自分のベースが、、、というより、楽曲の素晴らしさを感じてほしくてベースそっちのけのレビューになっちゃいましたが、、、
本当に、この作品に関われて、とても幸せに思います。

発売おめでとうございます。
たくさんの人に届きますように。

下上貴弘




# by arukara | 2018-10-18 02:56
2018.9.23 山人音楽祭2018
山人音楽祭。
自分のライブレポより
素晴らしいレポを書いてくれている
現地のライターさんのライブレポを紹介します。

今年の出演が決まった過程とかも
自分は凄くしびれる瞬間がたくさんありました。
そして、こんなにも
ミ・ラ・イ・ノ・オ・トが
胸をえぐるような、どこか暖かいような
そんなふうに聴こえた日でした。

c0222904_18141784.jpg
この日のセットリストは
0.開脚宣言イントロ
1.水曜日のマネキンは笑う
2.アブノーマルが足りない
3.半径30cmの中を知らない
4.サースティサースティサースティガール
5.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
6.さすらい

c0222904_18142180.jpg
初代ダルマさん
たくさん傷だらけにしてしまったけど
1年間共にいろんな場所へ
アルカラさんに連れてってもらったね
サースティサースティサースティガールの
MVに出演したり…
ちょっと嫉妬やぞ!笑

今までありがとうーー。泣

じゃ、2代目と旅のはじまりはじまりー


ゆうじ

# by arukara | 2018-10-10 12:00
2018.9.22 名古屋 Electric Lady Land [ the BEST HIT GMA tour 2018]
A.S.O.B.i tour 中(更新時は仮のファイナル
終えちゃいました)ですがアルカラもシネマも
全国各地でライブに駆け回っています。
シネマも自分達主催の大バコバトルシリーズ
なんてやっちゃってて
全く歩みを止めないどころか
ひたすらにずっと挑戦し続けてる。

アルカラもグッドモーニングアメリカの10周年を
お祝いに約1カ月ぶり名古屋へやって参りました
神奈川の予想外の交通渋滞で入り時間に
遅れてしまいましてバタバタにリハを済ませたら
すぐオープン時間でした〜

アルカラは
グドモの空ばかり見ていた(カバー)から
スタート!いきなり熱気がMAX
嬉しいよねこういうのん
本気のバンドの本気のカバーってなんか
魔法でもかけてんのかってくらい
テンション上げられます。
そしてさすらいと一気に空気を変えるのも流石。
ライブ後半ではたなしん小梅大夫も登場して
チクショーをぶっつけ本番でコラボ!
その模様はYouTubeのタナブロで見れますー!

この日のセットリストは
1.空ばかり見ていた(グドモカバー)
2.さすらい
3.水曜日のマネキンは笑う
4.アブノーマルが足りない
5.サースティサースティサースティガール
6.シェイクスパイ
7.グラス
8.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
9.空ばかり見ていた(グドモカバー)

c0222904_18010770.jpg
グドモとの尽きない話を程々に群馬へ出発!

ゆうじ

# by arukara | 2018-10-09 12:00
2018.9.18 札幌Sound lab mole [cinema staff x アルカラ A.S.O.B.i Tour]
前日苫小牧終了後に
スープカレーを食べてアルコールが入り
止まらなくなり部屋飲みで朽ち果てました
ずっと笑っとうから表情筋がなんかおかしいです
元々顔変やけど。やかましわ

cinema staff先攻アルカラ後攻でした
シネマに下上さんはスープカレー5杯食べ
(下上さんインスタをご確認あれ)
疋田さんは味噌ラーメンを5杯食べてると
バラされましたー
久野ちゃんには稲村さんと辻の会話は
中身がほぼ無いとまで言われ
暴露バンドに成長しよったです。笑
それもこれもアルカラのせい
ツアーが最高に楽しいから

アルカラも渋めにスタートしましたが
シネマのカバー曲 great escape を
1コーラス丸々バイオリンで弾いたり
アブノーマルが足りないでは
ボーカル辻 友貴が君臨。
そう、実はキーがめちゃくちゃ高くて
だいたいの人は歌えない領域、
辻のありさまはご想像にお任せします。笑
そして三島の気持ちが上がり狂っての
ステージダイブ。ロケットのように綺麗に
散って行きました。笑
c0222904_01444335.jpg
photo by 谷古宇愛

アンコールは苫小牧同様2曲披露されました
A.S.O.B.iと交差点
A.S.O.B.iのラスト合宿部分でいきなり
「あの日あの時あの場所で〜」と歌いだす
三島君。ずっと繰り返し歌うから
ループおじさんと命名されました。
そして交差点の間奏フリータイムでは
前日とは違う飯田君のラップに
久野ちゃんもレゲエ風ラップで重なり
稲村さんの掛け声でタオル振り回す絵が完成
自由過ぎる!自由すぎる証に辻カメラマン久々登場
c0222904_01452239.jpg
アルカラシネマは北海道に行っても、
"らしく"輝いてました
でも確実に北海道のパワーをもらってでしか
成し得ないステージだったなとも思います

打ち上げで三島が泥酔しまして
介護で僕の札幌の夜が終わりました。笑
次の日何も記憶が無いと言ってたので
幕末なら斬ってたと申し上げときました。笑

ゆうじ

# by arukara | 2018-09-27 12:00
2018.9.17 苫小牧ELLCUBE [cinema staff x アルカラ A.S.O.B.i Tour]
大好きな北海道シリーズ開幕!
今回は飛行機移動でした
細井マネージャーは1人機材と共に
さんふらわあ号でした。ありがとう。

前日移動日は札幌にてジンギスカンを食しまして
シネママネージャーさん、飯田君、久野ちゃんと自分の4人で。
異色の組み合わせ。笑
そんなのも自然なくらい両バンドチーム
シャッフル状態なツアーをしてますよ

苫小牧の日
アルカラ先攻cinema staff後攻でした
アルカラのライブは
さんふらわあ号の歌を演奏したり
みんなも半強制的に?!歌わされたり
ワイワイだったのに後半はめちゃ畳み掛けてくる
ライブで熱量が凄かったです
そして最後の曲は三島リクエストから
名探偵ミスタ相棒はジョニーを披露!
たくさん吠えときました。
c0222904_01452722.jpg
楽し過ぎて写真何も撮ってませんでしたすまん。
c0222904_01445435.jpg
細井氏twitterからお決まりの拝借。

シネマのライブで酔いしれてからの
アンコールが完全に北海道ヒイキでした。笑
苫小牧奇跡の夜といいましょうか。
飯田君のラップが飛び出したりして
あんな姿シネマのライブじゃ絶対見れない。
マネしようと思っても二度と出来ないような
グルーヴが産まれた日でした。
アルカラ初めまして苫小牧の日の事を
思い出すとこの土地でこんな素敵な夜を
みんなと作れる日がやってくるなんて!
ってなんかジワリときました。

地震で大変だったと思いますが
無事開催されて
無事みんなと思い出が共有出来て
めちゃめちゃ良かったー

札幌へ戻る機材車ではアルカラ号に
飯田君と辻が乗り込み疋田さんはシネマ号へ
ここでもシャッフル事案が発生
札幌へ着くなり稲村さん辻のお邪魔虫に僕が入り
スープカレーを食べましたー

ゆうじ

# by arukara | 2018-09-26 12:00
2018.9.8 TREASURE05X 2018
高松からの移動が豪雨のせいか
徳島JCTが通行止めになり
岡山経由で愛知に向かいまして
結局到着は朝6時30になりました。
雨が凄く無事開催されるのか心配でしたが
さすがの晴れバンド、アルカラさん。

TREASURE05X 15周年おめでとうございます!
リハから会場の空気を掴む稲村さん
ひと通りリハーサルを終え話してる途中に

稲村さん「もう始まってるみたい(空気が)…
まだ始まってませーん♪( ´θ`)ノ」
舞台監督「いきます!」
稲村さん「あ、始まりまーす(^_^;)」
ジングルSEドーン♩
タイミングが良すぎます舞台監督さん
さては稲村さんの計算か…
どちらにせよその時の光景が顔文字で
浮かんだんで。謎。笑

本当にロケーションが良すぎる
c0222904_00322881.jpg
海に向かって歌うとか気持ちいいやろなー

はじまりのうたからスタート
この曲の下上さんのコーラスお気に入り
半径30cmの中を知らないでは
ごく稀にこんな姿が見れます
c0222904_00323263.jpg
そしてお客さんの圧が凄くて爆発してた
エネルギーが。
モッシュやダイバーがうねるように
次々にやってくる様はなんか
ハードコアパンクのライブみてるようでした。笑
後半はたたみかけるような熱量の溢れるライブで
黙らしにかかってるやんって
勝手に思っていました。笑

この日のセットリストは
1.はじまりのうた
2.半径30cmの中を知らない
3.サースティサースティサースティガール
4.アブノーマルが足りない
5.振り返れば奴が蹴り上げる
6.さすらい
7.相対(短縮Ver.)

ラストは予定にない、あの曲の超短縮バージョン
これはお客さんにもウケますが実は結構
ステージ裏のスタッフさんとかにも
馬鹿ウケなんですよ
(アルカラ1曲増やした!時間押すかも…)
♩ジャーン、ダカドン
(終わるんかーい(*゚∀゚*))

ゆうじ

# by arukara | 2018-09-25 12:00
2018.9.7 高松DIME [cinema staff x アルカラ A.S.O.B.i Tour]
稲村さん発案、高松たかまるー!は
お馴染みになってきました。がー、
高松に訪れたらみんなで
中野うどん学校にて写真を撮るのも
恒例行事だったんですが
時間が無さすぎて今回は行けませんでした泣

cinema staff先攻アルカラ後攻でした
シネマがMCで言ってたんですが
このツアー終わったらアルカラロスに
なるんじゃないかって
それはこっちもそうじゃー!!
って思いながら♩希望の残骸 が好き過ぎて
わぁーやってくれたーきゃー!
↑目線は皆んなと一緒です。笑
音源も良いんですがライブVer.のアレンジや
コード進行やらの細かい説明は省きますが
なんせ最高にグッと来る瞬間があるんです

アルカラも高松高まりまくってました
歴史の話から今回は科学の話にシフトチェンジ
どーした?!笑
これでこの後の地でも歴史の話無くなったら
みんなのせいやからな!笑
久々のLET・IT・DIEもありました
そしてもはや高松でしかやってない
ミックスジュースも安定のお決まりです
昨日の広島ではキャッチーを科学する
高松ではミックスジュース
それぞれの地へ行けばこれらの曲の遭遇率高し。
はい、メモ。
c0222904_03294942.jpg
アンコールでは飯田君が酔いも手伝い
アルカラを褒めちぎりまくってました
褒められると返しを持ってない稲村さん。笑
関西人ってそんな感じよね?!
そして謎のアルカラシネマによる
16小節程のバンドマンって即興曲完成
それからのA.S.O.B.iを披露
みんなも慣れて来たのか演奏に
自由度が溢れ過ぎてました。笑
リズムを崩しにかかる辻のギターに
三島のソロもリズムの虫食いみたいに弾いてたし
好き勝手が膨張していってますので
次の北海道ではどうなってんねやろ。笑

高松終わりはアルカラが移動しなきゃで
打ち上げはライブハウススタッフ含め
ハコでの乾杯になりました
それでもしっかりあの人達は酔ってました。笑

ゆうじ
# by arukara | 2018-09-23 12:00