ライブレポを書いてます
by arukara
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
最新のコメント
良いお年を
by 毒虫 at 01:48
地元は、やっぱり、いいも..
by yumiko at 07:43
10周年おめでとうござい..
by タロ at 23:47
楽しかったんだろーな・・..
by 灰空 at 01:01
10周年おめでとうござい..
by マドカ at 15:24
結成10周年おめでとうご..
by arukarasachis at 11:29
10周年おめでとうござい..
by 鈴たま at 11:11
素敵な10周年イベント参..
by ひかる at 00:57
5/18アポロシアター行..
by しほ at 17:52
あるとは思ってたけど10..
by 灰空 at 22:38
検索
その他のジャンル
最新の記事
”KAGEKI”発売一ヶ月を..
at 2017-08-27 23:50
久々のラブシャだな
at 2017-08-24 00:38
6月前半だー!
at 2017-08-23 18:34
5月 後半戦
at 2017-08-02 20:00
5月 前半戦!!
at 2017-07-19 16:15
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ただいまより
ただいまより。関東へ向かいます。

九州から帰った時の顔をUPしましたが
かなりヘンテコマイになっておりましたね〜。

あれから顔、もとに戻りましたか?
という問い合わせが殺到したため
現在の東京への出発前の顔をUPしておきます。

これをみてご安心ください。
だいぶもとにもどりましたよ〜。

では明日はO-Crest
明後日はケーズドリームで。

c0222904_235759100.jpg

# by arukara | 2010-02-27 23:57
写真でみる 九州ツアー その2
お待ちかね。九州ツアーのご報告です
2月19日 福岡DRUM SON
w) ELLIOT.C / クロンキスト / ANOTHER STREAM

1.Aアップ巨乳
2.マゾスティック檸檬爆弾
3.夢見る少女でいたい。
4.スペイン
5.シェイクスパイ
6.チクショー
7.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト

c0222904_16104090.jpgまずは出発前の自分の写真

この後、九州で
おいしいご飯をいっぱい食べて
さらにたくさんお酒を呑んで
最終的にどんな「顔」になって
帰ってくるの「かを」検証していこうと思う。

c0222904_16132342.jpgELLIOT.CサポートBa[まことさん]
どうやら最近「アイフォン」にしたらしく
コーラスの声が「牛」のような声のしもがみに
いろいろ操作方法を聞いている図
まことさんは何事にも研究熱心である。

c0222904_1617651.jpg福岡DRUM SON(どら息子)のエントランス
往年のアーティスト達のポスターが
ところ狭しと張り巡らされている

おや?あれは?

c0222904_16181823.jpgLUNA SEA!!
出たぁ!!
しかもこれはインディーズ時代ので
エクスタシーレコードの時のやつで
タイトルがバンド名と一緒で「LUNA SEA」のやつ!

「TIME IS DEAD」や名曲「Precious」など
解散あたりまでやっていた曲も入ってて
彼らがインディ時代から凄かったんだなって
一人で熱くなってきました。
となると?

c0222904_16225535.jpg出ました!!
本家本元!エックス!しかもデビューあたりの写真!!

彼らは大活躍の裏側で「ルナシー」や「グレイ」などを輩出した
エクスタシーレコードを主催し
ロックシーン自体の活性化を推進
同世代や後進を世に送り出した立役者であり
音楽シーンの功労者であると思う
と、また一人で熱くなってきました。

c0222904_16281279.jpg福岡にいくといつもここに行く
あら汁が美味である。
さしみ定食やマグロ丼などの海鮮丼で有名な店である。

いつか空気を読まず、写真にある
「ツナカレー」「ツナピザ」を
堂々と頼んでしまう勇気が欲しい。

c0222904_1634489.jpgいっきに打ち上げまで飛んで
ここはラーメンをソーメンにして食べる
その名も「ラーソーメン」で有名なところ。
ネーミングセンスは安直だが、かなりの美味である。
すでに食べ過ぎの傾向

c0222904_16363893.jpg美味しすぎて嬉しすぎたのかヨシタカの至福の顔を激写
すごい変な顔がとれました!!

この後、次の日が長崎なのに、入りが12:30なのに
打ち上げはオラ達2バンドだけだというのに
朝の6:00まで呑み続けてしまいました。
呑み過ぎの傾向


2月20日 長崎DRUM Be7
w) Chair's Morning Bread / ELLIOT.C / balloon HEAD / mimic

1.Aアップ巨乳
2.マゾスティック檸檬爆弾
3.はじまりの歌
4.夢見る少女でいたい。
5.アリス・ギター
6.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
7.振り返れば奴が蹴り上げる

c0222904_16432972.jpg翌日、長崎に着く。
なんと「ランタンフェスティバル」という名の
旧正月を祝うイベントの真っ最中で、街全体でお祭りモード
テンション上がってつい「ピース」をする始末

後ろは「眼鏡橋」といって
橋が水面に映って「眼鏡」のように見えるという橋だ

c0222904_16504241.jpg長崎はいいね〜。
路面電車(チンチン電車)が通っていくところ

そういえば、シアトルも路面電車が走ってたな〜

c0222904_16532315.jpg長崎のライブを観に来てた人たち。
三国志の「関羽」みたいな人が
子供を抱いている。
もしかすると「顔良」かもしれない。

c0222904_16571422.jpgこれまたライブを観に来た人。
この人はおでこがでかかった。

c0222904_16583390.jpgこの人を見ると
ライブが楽しかったんだなって思う。
良い顔してます
少しはだけてるし

c0222904_170994.jpgこの女性は
テンションが上がりすぎて
ついに楽器を持ってステージまであがってきたぞ
長崎はノリがいいね〜。
いまい○みさんを守ろう!

c0222904_1741992.jpg祭りの様子
提灯に灯がつきました。

さっきまでの人は
祭りで飾られてたもので
ほんとは人間じゃないですー。

あ、分かりきってるか。

c0222904_1764178.jpgこれは長崎Be-7の入り口付近
快進のICHIGEKIのポスターの横
デビュー前の「ラルク」のポスターが!!

2月21日 鹿児島SR HALL
w) ELLIOT.C /the_TECHNORA / LUBIC CAVE HOUSE / Pictures mode staff

1.Aアップ巨乳
2.シェイクスパイ
3.マゾスティック檸檬爆弾
4.夢見る少女でいたい。
5.相対
6.スペイン
7.チクショー
8.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト

c0222904_17101766.jpg携帯の充電が無くなってここからはあまり写真が撮れず
急に次の日の鹿児島に。雄大な桜島の図

長崎のライブ後は地元のバンドさんと
短い時間にたくさん呑めて良かった。
ようは時間が無かったで少し「神戸流」で呑みましたー
最後はナマ大の一気で締めつつ、鹿児島へ
また飲み過ぎの傾向

c0222904_1793036.jpg鹿児島に着くと、まずは黒豚のカツ丼屋に
大盛りでガッツリ、ヨシタカも大盛り頑張ってました〜。
食べ過ぎの傾向

その店の前に西郷さんと西郷さんのカキタレが居たので
写真とりました。いいショットです。

c0222904_17203145.jpgさらにさつま揚げを食べにいく
さらに食べ過ぎの傾向

写真はさつま揚げを作る工程を
じっくり見ているまことさん。
やはりまことさんは何事にも研究熱心である事が
伺い知れる一枚である。

c0222904_1724256.jpg鹿児島のバンドは代々ガレージやオルタナの要素が強いらしく
この日のライブも味のあるバンドが多かった。

さて、食べ過ぎ、呑み過ぎた結果
こんな顔になりました。
九州楽しかったです。
最終日、充電の関係で写真少なくてごめんなさい。




c0222904_17243763.jpgおまけです。

長崎で行きました
「トルコライス」で有名なお店
Hippogriffの誠司も
ここに着た事があるのだろうか。


# by arukara | 2010-02-23 16:16
ア・タ・シ・マ TOUR 終了しました。
c0222904_1333047.jpg
写真は2月6日関西ファイナルにてオープニング務めてくれた「POINT-UP」
このレコ発TOURの最初らへん11月23日の渋谷(アルカラのみレコ発)・11月24日の千葉も一緒で
ファイナルの神戸も一緒でした。彼らがまだ17歳の時から観ておりますがあれから7年近く経って
今やタイトレコードのオムニバスに参加するなど、ほんと最近の活躍が目覚ましいバンドでござる。
ぜひチェックよろしくです。


ア・タ・シ・マTOURの最終章が終わりました。
------------------------------
■1月30日柏ALIVE
w) ELLIOT.C / Alstroemeria / 火中の蟲 / friday the 14th

最終章のまず一発目は
ケーズの田中店長が言ってた
「柏はALIVEだと思ってるんだ」で有名な「柏ALIVE」

ここからの関東3日間のELLIOT.Cのリズム隊サポートはcamelliaの2人で
これまた毛先どころじゃなく髪の毛すべて遊ばし過ぎの2人なのだが、やっぱかっこよかったぞ!!
なんやしらん。いいじゃないか。
また3月稲毛のエリオットも彼らがサポートするらしいので
見逃した人、また観たい人はぜひともどうぞ!!

柏で1発目に出てた「friday the 14th」というバンド、雰囲気あって良かったな。
「14日の金曜日」という意味で、すでにこの辺からもうかがえる感じだ。

柏では「角ふじ」というラーメンが有名らしくELLIOT.Cと一緒に行ったところ
なんとここは「二郎系」だったのだ。やはり量が半端ない感じで
両バンドライブまでに消化しきれず、うぷうぷしながらの本番を迎える

後日、「二郎系に詳しいPOINT-UPベースボーカル"ゆうた"」に聞いてみたところ
彼もそこはすでに食べに行ったことがあるとの事。さすがだと思った。

ライブ終了後、打ち上げ自体は無かったのだが
頭をかち割ってからの退院間もないケーズドリームはじめ氏も加わって
柏駅前の居酒屋になだれ込む。
やはり「ライブ後は必ず呑むという習慣ができ過ぎていて困る。」
------------------------------
■1月31日渋谷O-Crest(関東ファイナル)
w) ELLIOT.C / LACCO TOWER / A(c) / fam

明けて31日渋谷O-Crest

この日はさすがに関東ファイナルを名乗っているだけあって
たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。
A(c)もラッコもfamも出演をすぐに快諾してくれたし。ありがとうございました。

打ち上げ終わり

目が覚める。オークレスト。午前7時30分
上着を機材車に置いていて、Tシャツ姿で寝ていたオラ
寒気がすごい。とても寒い。ライブ前に風邪をひいてしまう。

上着を取りに車へ向かう
エレベーターを降りる
表ヘ出る

だが、駐車場はシャッターが閉まっているのだ

機材車までたどり着けない
仕方ないから、クレストに戻ろうとする
おや、扉が開かない。

あ、オートロックだ。

電話をかける。

オークレストは何故か圏外なのだ
誰も繋がらない。

渋谷、午前7時30分、半袖にマフラー
お、寒すぎる。これはまずい。

電話がつながりそうなところに電話して
今の状況を説明して
それからどうするべきかを考えて
誰かと会話ができると少しは安心できるだろう

だが、電話は誰にもつながらない。
メールなどという一方通行はこの際まったく必要ない

「あれ?この世界にたった一人で僕はいたのだろうか」
「いままでのは夢だったのか」的な詩が書けそうになってくる

携帯はすでに充電が20%を切った
これ以上誰かにかけまくると
電池が切れてこの世界との繋がりを失ってしまう。

♪誰かオレを見つけて〜。誰かとめてよ。じじじ。

いっそ、このまま別次元に行ってしまったままで
今日の越谷でのライブも夢の中の話で
本当は元からライブなんか無くて、
オラは稲村太佑なんて人間でもなくて
携帯も電池が切れて
誰も知らない世界に
誰か分からない自分がいて
寒くなって
凍えて
冬場にTシャツ姿で
薄れていく意識
誰か分からない人たちが行ったり来たり
東京砂漠…。

とか、考える前に
あ、じゃあ「あそこ」に行けばいいと気づく

この近くにはなんと銭湯があるのだ。
しかも運良く財布も持っている。

おお、大丈夫。これで寒くない。

あとは勝手に誰かが探しにくるだろう。
その時に考えればいいか。
この晩、寒さは限界を超え、雪が降り出したのだ

あのままTシャツで放置されてたら、僕は忘れ去られているだろう
♪どれだけ涙を流せば、あなたを忘れられるだろ〜
(Xジャパン / Rusty Nailより)

という事で、越谷では「Tシャツとマフラーで過ごそう」と決意する
EASY GOINGSはいい夜になりそうだ。
------------------------------
■2月1日越谷EASY GOINGS(関東ファイナル追加公演)
w) ELLIOT.C / 朱鷺~akesagi~ / Hybrid Signal / WAGA-MAMA CITY BOYZ / RAVeENGI

というわけでいい夜になった越谷(←えっどういうわけで??)
EASY GOINGS楽屋の落書きについて
写真をとって来たのでアップしていこうと思う。


c0222904_315654.jpgおっと!
これは僕がアルカラの前にやってたバンドの
バンド名と同じバンド名の落書きを発見
「チーキー」じゃなくて小さい「ぃ」を使うあたり

あと、ギターボーカルが「ジャージ」というところ
そういえば昔神戸に「ジャージ上下」という
ミスチルのコピバン居たよ。たしか。



c0222904_364690.jpgお前もうまいと思います。

c0222904_39517.jpgなんかこういう感じが多かったよ

c0222904_3102245.jpgこんなんとか

c0222904_3111139.jpgお宝画像です。
代々木ラボにもこんなやつあったよね?
------------------------------
■2月6日神戸ART HOUSE(関西ファイナル)
w) ELLIOT.C ゲスト:つしまみれ / Sawagi O.A:POINT-UP

1.夢見る少女でいたい。
2.マゾスティック檸檬爆弾
3.涙腺
4.NEEDLE
5.相対
6.スペイン
7.チクショー
8.扉の前にて
9.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
EC.交差点

やはり「つしまみれ」めっちゃ良かったぞ。
MCで「アルカラ兄さんに呼ばれて〜」とか言ってたけれど
「兄さん」じゃなくて僕と「同い年」だし。年齢ごまかさないでね〜。

片付けたり機材を運んだりしてたら打ち上げまで少し時間がかかりそうだったのだけれど
それをも待ちきれない「つしまみれチーム」は先に別店に呑みに行っている。
おお。やはり「ライブ後は必ず呑むという習慣ができ過ぎていて、良いじゃないか!!」

これでツアーは終了です。
ありがとう。

c0222904_3124868.jpgでもう一枚載せたいのがこれで
次の日ART HOUSEにて
解散ライブを行ったgimme fiveのライブ
楽屋側からの図

8年間長らくおつかれさまでした。
それぞれの今後に期待しようと思う。
この日の打ち上げでfolcaまぁたんは
「ビールはここや」シリーズの「ジャンピングここや」をやらず
静かに行う「サイレントここや」を編み出していたぞ。
これで彼の寿命は縮まずにすむ。よかった。

# by arukara | 2010-02-09 03:37
さらにライブレポ。
■1月22日 名古屋アポロシアター
c0222904_16454982.jpg
セットリストとはこんな感じ。
DVD録画、CD-R録音を「無し」にバッチリ「○」つけてるあたり
ストイックさを感じられませんね(笑

c0222904_16531766.jpg名古屋はまずthe storefrontからスタート
実は2009.11.11の発売日が同じだったりで
このツアーでも何回か一緒にやってます。

ドラムの毛先、遊ばし過ぎ。

ギターのタケは
髪が伸び過ぎていて
よく見ると犬みたいな顔をしている。

c0222904_177164.jpg参考画像

c0222904_1656325.jpgそのライブを楽しそうに見ている
ELLIOT.Cのサポートドラム「リュウヘイ」
スピーカの前にいるおんなのこの後ろにいるにも関わらず
身長がでか過ぎてついに
画面には顔しか収まりきらず。
グリーンジャイアントの名前を欲しいままにしている。


このあと伝説のファイヤーマンが登場。
現れた時にはすでに「打ち上げの座敷を予約してきた」とか言っている
これでオレらが今日は打ち上げ出れないねんって言ったらどうするつもりだったのか?

★今回のファイヤーマン情報★
ファイヤーマンは26歳になっていたが、やはり45歳くらいにみえる。
出会った時は24歳で、その時は42歳くらいにみえたから
2年で3歳年をとった計算だ。

ついでにテレビはまだ持ってないとの事
持っていないというより必要無いと言っていた。

打ち上げが始まってからずっとLACCO TOWERのメンバーに
いじられてて、オラの横にたどり着いた時には
すでに沈没していた。ファイヤーマンよ永遠なれ〜。
以上。今回のファイヤーマン情報でした。

それからいつも打ち上げでつかっている
「杏花村」のマスターと看板娘「ジョ」はついに
結婚してしまったとの情報も入手した。

さらに前回同様、会計が済んでから
「マスター!サービスビール!」って言ったら
確か、前回はビンを2本くれたに収まっていたが
今回はなんと3本もくれたのだ!!

さらにさらに、このマスターはやたらとオレの手を握ってくるのだが
もしやリバーシブル吉岡の歌「恋はカモフラージュ」にもあるように
「ジョ」ちゃんとの結婚はカモフラージュだったのか!!!


■1月25日 大阪福島セカンドライン

セットリスト
1.マゾスティック檸檬爆弾
2.はじまりの歌
3.夢見る少女でいたい。
4.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
5.シェイクスパイ
6.振り返れば奴が蹴り上げる

一番目のUNDER NINEというバンド
閃光ライオットに出演を果たしたりの期待の19歳4人組。
素晴らしいバンドだと思いました。
セカンドラインのオムニバスに入ってたので
すでに1曲だけ聴いていましたが
インストも混ぜつつ、独特な世界観のもと良いライブをしていたと思います。
ぜひチェックしてくださいませ〜。

c0222904_17441733.jpgこちらの写真はLISTEN UP
ピースフルな写真が撮れました。
打ち上げではこのピースフルから打って変わって
「フルサワのチンコ」俗に「フル・チン」が
よく見られる様になってきましたね
今回は「フルチン」の出番はありませんでした〜。

本日(1/26)の神戸編では出番があるのか!

打ち上げでは
大阪名物「ユージドットコム」と5%くらいの真剣トーク
残り95%はほとんどどうでもいい話で盛り上がってました。
いい感じでした〜。

アルカラ 稲村太佑



# by arukara | 2010-01-26 18:45
ライブレポに戻る。
■1月15日 神戸ART HOUSE
セットリスト
1.Aカップ巨乳
2.マゾスティック檸檬爆弾
3.夢見る少女でいたい。
4.スペイン
5.カキツバタ832
6.はじまりの歌
7.扉の前にて
8.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
E.C チクショー

今回は楽屋風景をおもにどうぞ
c0222904_15485836.jpg「ビールはここや〜。」で有名なfolcaまーたん。
(胸を叩いて、気持ちで呑むっていうのを表現)

さらにそれを跳びはねながらやる
あの「ジャンピングここや」は
たまにしか観られない

楽屋でも熱心に練習中


c0222904_1549918.jpg「ジャンピングここや」の名付け親folcaゆうやと
アルカラ田原氏の図。
ギタリスト同士のこういうシーンは
楽屋でまれに観られる

ユウヤ曰く、まあたんの「ジャンピングここや」は
やりすぎると寿命が縮むとの事だ。


c0222904_15492043.jpgこちらはKNOCK OUT MONKEYのギターデンカ
熱心に携帯をいじっている
パクロス的なやつに必死になっているのだ

昔は、いつもジャックダニエルかなんかを
ビンんまま呑んでいて、さらにアートハウスの前で
違法駐車中の原チャと戦っていた事があった。
トラ。


c0222904_15484469.jpg猛獣とは打って変わって
19歳、身長が110cmくらいの妖精CHARDONNAYリカシ。
多分、おおはしのぞみくらいの大きさなのだ。
こうなってくると楽屋はいろんな生物がいるという事が分かる。
動物園でいえば楽屋はトラや鹿や魚や鳥が全部いっしょに詰め込まれているといった感じなのだ。


c0222904_15483123.jpgお次はfolcaヒデ
良くみると鹿のような顔をしている。
これでようやくみなさまもお分かりだろう。
楽屋は動物園なのだという先ほどの考察が確証された瞬間だ。

めでたく鏡に写真を撮影しているオラが写っている
赤いカーディガンがその"めでたさ"をさらに強調している感じだ。


c0222904_15482175.jpg楽屋を飛び出していって
今度は受付嬢チナツを隠し撮り

彼女はたまに頭にティアラをつけているが
多分、ソニー損保にでも入ったのだろう。
「ティアラはその証」とか言ってる。

受付では「再入場のスタンプ」が押される
ART HOUSEでは「左手の甲」に押すのだが
たまに「手のひら」を出してくるお客さんが居るとの事だ

さらにある筋からの情報によると
「手のひら」を出す人はMだそうだ。

c0222904_1548347.jpg今度はTechnicolor347のライブ
この日は岡山とコンビニマンションテクニカラーも出演してて
テクニカラー決戦といった感じ。

前衛的なロック
神戸は個性的なバンドが多いくて楽しいですよ



c0222904_15493523.jpgこの写真はタワレコ神戸にて
今度ツアーファイナルでご一緒させていただく
"Sawagi"のCDを撮ってきました。
となりが"沢田研二"というのもグッときます。


■1月17日 心斎橋HOKAGE
セットリスト
1.Aカップ巨乳
2.シェイクスパイ
3.マゾスティック檸檬爆弾
4.スペイン
5.チクショー
6.夢見る少女でいたい。
7.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
E.C 交差点

c0222904_15494415.jpg
心斎橋の北極星というオムライスのお店
リハ後にエリオットと一緒にいきました。
和風な作りでかなりの老舗です。
オラは初めて行きましたが、おすすめです。
店の前が心斎橋サウナというのもぐぐっときます。

ライブの方は残念ながらハヌマーンがインフルで出れなくなっちゃったのですが
素晴らしいバンドばかりで楽しかったです。

まずFLOCK IN JACKという二十歳女の子4人組の
これまた英才型ロックです。彼女たちからライブが始まりました。
ライブが始まるとボーカルさんが豹変するですが
この感じがたまらないです。
彼女は本番、オラと同じく裸足でやるんですが
リハからちゃんと靴を脱いでいるあたり、すごいと思いました。

リハーサルはちゃんと本番を想定しないとという意識の高さからでしょうか
リハから衣装をばっちり着てやるという
LUNA SEAのスギゾーばりにしっかりしてると思いました。

それから次に出て来たのはNothingnessといって
とてもエモでした。楽曲の完成度がものすごく高くて
さらに熱いステージが良いです。
いやすべてにおいて濃かったですね。特にボーカルさんの顔が。
さらにマイクを頭に打ちつけて、軽く流血ぎみで
一番前にいたオラに突っ込んで来た時は
「あ、オラ食べられてしまう」と思いました。

3番手はThe Spring Summerといって
観た感じ草食系な感じなのに、ものすごい熱いステージでした。
ギターさんがスピーカーによじ登ったりで面白かったです。
ニューエイジなギターロック。音源欲しかった。しまった。

4番目はゆれる
彼らは良いね。他のバンドのライブ中ずっと客席にいるし
さらにがっつり盛り上げるし。
「俺たちで一日を作るのだ」という感覚が素晴らしいと感じます。
ライブももちろんいい感じでした。

MCで「ELLIOT.C」を「エレクトリックシー」と間違えたり
「アルカラとELLIOT.Cを大阪で一番の4バンドで迎え…」と言ってましたが
1番が4バンドもいるし。ELLIOT.Cも大阪だし。と突っ込みどころが満載でした。
おちゃめな感じが良いです。

5番手はELLIOT.Cでした。
出番前だったのでしっかり観れなかったのですが
アキラとヨシタカがぶつかり合ったり、乗っかっていったり
頭突き入ったりとものすごいステージだったそうです。
めっちゃ観たかったし。

最後に僕らが出ましたが
素晴らしい共演バンドにも恵まれて
いい雰囲気の中アルカラやらせていただきました。
どうもありがとうございました。

# by arukara | 2010-01-18 17:44